女の子が憧れる仕事

幼稚園児や小学生低学年の女の子が憧れる仕事の一つが花屋だ。花が好きな小さな子供が、綺麗な花に囲まれてお店で働くことを夢見ているということも多くある。では、実際の現場はどうなのだろうか。
確かに、花屋のバイトは小さな女の子が夢見ていたように、綺麗な花に囲まれている環境で働くことができる。しかし、花屋のバイトは綺麗な花に囲まれた楽しいだけの仕事というわけではない一面もある。例えば、バラの花は綺麗だが、見ればわかる通り茎にはトゲがある。花を商品として扱う場合、トゲの処理などを行うのも仕事の一つだ。また、商品である以上、売れ残る花も出てきてしまう。そのような売れ残った花を、捨てなければならないという現実と向き合わなければならない。水や薬品を扱う仕事なので、手が荒れるというのは避けられない。このように、辛いこともある花屋のバイトだが、どのような点にやりがいを感じるのだろうか。やりがいの一つが、花を渡した時の人々の笑顔だ。綺麗な花束を作れば、花束を購入したお客さんは喜んでくれる。そうした人々の笑顔が、仕事のやりがいにも繋がっているのだ。
花が大好きな人にとっては、1年365日花に囲まれて働ける夢のような職場でもある。花が大好きな人ではないと続けるのが難しい職場でもあるが、花が好きだからこそ頑張れる職場といえる。季節によって花が変わっていくので、働きながら四季を感じられるのもこの職場ならではの特徴だ。