花屋バイトのメリットとデメリット

花屋でバイトをするメリットとデメリットをいくつか紹介する。まず、メリットの1つ目は、いつもたくさんの花に囲まれて働くことができるということだ。これは、花が大好きな人にとってはたまらないことだろう。一年中四季を感じながら仕事ができ、嫌なことがあっても花を見れば心が癒される。2つ目のメリットとしては、技術を習得することができることだ。最初は、透明なフィルムに花を入れるなどの簡単な作業から任される。そして、次第にブーケ作りやブライダルの花の搬入・飾り付けなどの手伝いをさせてもらえることがあるので、自分自身の成長という面でもメリットは大きい。3つ目は、花を安く買うことができるということだ。アルバイトの帰りに安い値段で花を購入できれば、部屋を花で飾ることができる。
これに対して、花屋でのアルバイトのデメリットとして重労働できついことが挙げられることがある。まず、花が入荷したとき、店内に運ぶ必要がある。段ボールなどに入った花を店まで運ばなければいけないのだ。また、切り花は水を張ったバケツに入れ、茎を切ったり水替えをしたりする。重いバケツを抱えて汚れたバケツを洗い綺麗にし、また花を入れるの繰り返しだ。これは、冬はけっこう寒さがこたえる作業になる。したがって、体力に自信がない人は覚悟をして臨まなければいけない仕事なのだ。
このようなメリットやデメリットを踏まえて、それでもやりたいと思えるかどうかが大切である。お客さんの笑顔や声がダイレクトに届く仕事だけに、それにやりがいを感じることができれば向いているといえるのかも知れない。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です